ゆっきいの家

ペーパークラフト作家、コロコロクラフト作家 雪下正明の近況と製作日記

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

制作協力として関わった本です。簡単に不思議な立体おもちゃを作ることが出来ます。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
アクセス
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
ネガキャン
2〜3日前、ポストに○○党の小冊子が入っていたのでマニフェスト載ってるのかなって開いてみたら・・・なんだこれ〜!?××党の批判ばっかじゃん!? ( ̄□ ̄;)

こういうネガティブキャンペーンの類いは本当見苦しいですよね。
これは選挙に限らず何にでも言えることですけど、もし他者よりも優位に立ちたいと思ったら相手を引きずり下ろすことを考えるよりも、少しでも自身を磨き自らを向上させることをした方がずっと結果ってついてきますよ。そんなやり方でどんなに相手を引きずり下ろしても結局自分の立ち位置っていうのは変わらないのですから。いや、むしろ自らの信用や信頼も失ってしまう行為でしょうね。

しかし、こういう小冊子を反面教師として自らの行動に反映することが出来ればある意味役に立つ小冊子とも言えますね。皮肉的な意味ですけどね。(^_^;)




| 思う事 | 16:46 | comments(2) | trackbacks(0) | - | -
立体表現


デザイン学校に通っていた頃はまだペーパークラフトに出会っていなかったものの立体表現の授業は好きでしたね!
画像の作品はデザイン学校に入って間もない頃のものです。

ある一定の角度からシルエットで見るとA B Cのアルファベットに見える
形を考えるという授業です。

このようモノを立体的に考える勉強が今の仕事に生かされているのかもしれないですね!!
| 思う事 | 00:23 | comments(4) | trackbacks(0) | - | -
介護と仕事
ミクシイの私の日記を見てくれている方は知っていると思いますが
現在私は両親の介護をしています。

父の方は糖尿の影響で目があまり見えません。
母の方はくも膜下と脳梗塞になり倒れてしまいました。
幸い手術はうまくいきましたが半身麻痺の後遺症が出てしまい
ずっとベッドと車椅子で生活しています。

そしてそんな自宅介護生活ももう4年以上になります。
確かに大変ですがもうそんな生活が当たり前のことになりつつあります。

もちろんそれは
自分のいないときに来てくれる姉や
訪問看護婦さん、デイサービスのスタッフなど
様々な方が協力してくれているからこそなんとかこなせているのだと思います。

もし私が会社に勤めていたのならやりたかった仕事をやめなくてはいけなかったかもしれません。
しかし私の目標はペーパークラフト作家!!
この仕事のみで生活出来るようになれば自宅で仕事をしながら介護もこなせます!
一石二鳥ですね!!\(⌒▽⌒)/

介護のために自分の人生が犠牲になるなんて事はなく、むしろ目標達成のためのモチベーションアップになってます。なんとしてもこの世界で成功するんだ!!ってね。
それに介護によって自分の内面も成長出来たと思っています。

最近新しい仕事の依頼がありました。
大きい仕事になりそうですごく楽しみです。
このチャンスを掴んで目標達成に近づけたいと思います!!

介護も仕事も楽しく全力で!!









| 思う事 | 15:50 | comments(2) | trackbacks(0) | - | -
生き方
俺の経歴はちょっと変わっているかもしれません。
高校卒業→歯科技工の専門学校→歯科技工士→バイトしながら漫画家挑戦→Gデザインの専門学校→Gデザイナー→バイトしながらペーパークラフトを始める→ペーパークラフト作家
いろいろ手を出していると思うかもしれませんが、ものを作るという部分では共通していますし徐々に自分のやりたい事、出来る事にに近づいてきた気がします。と同時に周りから評価されるようになってきたと思います。

まあ一般的な道からは外れているなあとは思いますが、そもそも人の生き方なんてひとつじゃないし、どれが正解なんてあるもんじゃない。俺はたまたまこういう生き方を望んだだけ。
俺の好きな歌の歌詞にこんな言葉があります。
「決められた道をただ歩くよりも、選んだ自由に傷つく方がいい」
まさに自分はこの通りにしていると思います。
歯科技工士をやめたときによくこんなことを言われました。「もったいない」って・・・。でもね、俺はお金のためだけに仕事を選んでいるわけじゃないし、人生は一度きりしかないんですよ。他にやりたい事が出来たのにそれをやらない事の方がもったいない事なんじゃないでしょうか?
好きな事をやって生きている人は一部だけともよくいいますよね。
でもそう言って諦めた時点でその可能性がなくなると思うんですよ。一部だけというのならその一部を目指そうぜ!!ってぐらいの気構えが必要だと思います。

俺もようやくペーパークラフト作家としてデビューする事になりました。
36という年齢は平均的にも遅い方だし、回り道をしてきたとも言えます。
ただそれはあくまでも他人と比べた場合の事。そして他人と比べるなんて意味のない事!
俺はこういう道を歩んで来たからこそ今があると信じています。
少しも無駄な事などなかった。

やっとスタートライン。
自分は全てにおいてまだまだこれから。
目標は少しでも多くの人に楽しんでもらえるような作品を作る事。

今日はちょっと熱い日記でした。(^_^;)
| 思う事 | 06:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
このページの先頭へ