ゆっきいの家

ペーパークラフト作家、コロコロクラフト作家 雪下正明の近況と製作日記

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

制作協力として関わった本です。簡単に不思議な立体おもちゃを作ることが出来ます。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
アクセス
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 耳をすませば」舞台の地へ!!その3 | main | 昨日の夕食 >>
ネガキャン
2〜3日前、ポストに○○党の小冊子が入っていたのでマニフェスト載ってるのかなって開いてみたら・・・なんだこれ〜!?××党の批判ばっかじゃん!? ( ̄□ ̄;)

こういうネガティブキャンペーンの類いは本当見苦しいですよね。
これは選挙に限らず何にでも言えることですけど、もし他者よりも優位に立ちたいと思ったら相手を引きずり下ろすことを考えるよりも、少しでも自身を磨き自らを向上させることをした方がずっと結果ってついてきますよ。そんなやり方でどんなに相手を引きずり下ろしても結局自分の立ち位置っていうのは変わらないのですから。いや、むしろ自らの信用や信頼も失ってしまう行為でしょうね。

しかし、こういう小冊子を反面教師として自らの行動に反映することが出来ればある意味役に立つ小冊子とも言えますね。皮肉的な意味ですけどね。(^_^;)




| 思う事 | 16:46 | comments(2) | trackbacks(0) | - | -
同感です。
そもそも他者批判は、相手と同レベルな証拠ですからね。自己研鑽にいそしむ・本当に人のために尽力してるのなら、そんなことをして(言って)る暇などないはずですし。
他者批判を協調(協力)という形に変換できないのかなぁと常に疑問です。
エネルギーは、ポジティブに使いたいですよね!
| はなた | 2009/08/29 9:33 AM |
>はなたさん
結局、批判だけでは何も生まれないですからね〜。
社会を少しでも良くしたかったら、お互いに自分とは違う考えを持つ人も尊重しつつ自分の出来ることをしていくことが大切なんだと思いますね。
| ゆっきい | 2009/08/30 2:14 PM |









http://blog.yukishita.com/trackback/1268002
このページの先頭へ